グリーンハウスのレモンの青汁

最近ちまたで人気のレモンの青汁。雑誌などでよく見かけます。レモンの青汁の原材料となるケールは、大分県の農家の方々と特別に契約して、農薬・化学肥料不使用で栽培しています。 大地にしっかり根をはり、太陽の光をしっかり浴びて育つケールは、農家の方々の地道な努力によって、安心と安全が守られ栽培されています。
グリーンハウスの青汁は、ケールを粉砕して搾り取ることで、食物繊維の細胞壁に閉じ込められている野菜本来の栄養素も取り出して粉末にします。栄養素だけの青汁だから、どんどん体に吸収されていきます。ほとんどの青汁は、原料となるケールをそのまま加熱して乾燥させ、裁断して粉末にしています。これでは細胞の中にある栄養素の多くが吸収されにくいのです。
さらに、ケールの搾り汁を霧状にして、約39度の温風で瞬時に乾燥、粉末化をするスプレードライ製法により、優れた栄養素を失わずに、体内で効率よく吸収される青汁にしています。これは新鮮なケールには、酵素やビタミンなどの、加熱で壊れやすい、でも、大切な成分が多く含まれているからです。
飲み心地は、青汁に比べ、レモン風味でスポーツドリンク感覚で飲めそうです。
お試し実感5本セット、500円送料無料というのがあるので、一度試してみるのもいいですね。

Copyright© あなたはどこの青汁を買う? All Rights Reserved.